小額融資なら本人確認書類だけでOK

銀行などでお金を借りた事がある方であれば、融資の手続きはとても面倒なイメージがあるかもしれません。

 

用意しなければならない物や、記入しなければならない書類はたくさんありますし、時間も手間もかかるので何度もやりたくないと思ってしまうかもしれませんが、キャッシングは意外と簡単な手続きで融資まで実行できてしまいます。

 

必要なのは身分証明書だけ

キャッシングを申し込む時に用意しなければならないのは、原則としては本人確認ができる書類のみです。運転免許証や健康保険証、パスポートなどの公的な書類があれば、手数料などのお金も必要ないので後は何もいらないのです。

 

場合によって必要になるのは収入証明書です。この書類が必要になるのは、借入先が消費者金融なのか銀行なのかによって条件が違います。消費者金融は、貸金業法の決まりがあって融資は年収の3分の1までとなっています。その関係で借入希望限度額が50万円を超えたり、他社での借入が100万円を超えるもしくは新たな融資との合計額が100万円を超えるという場合に収入証明書の提出が必須となります。

 

その他で収入証明書が必要になるケースとしては、勤務先への在籍確認がすぐにとれない場合や電話での在籍確認を回避したい場合に、収入証明書を提出する事で確認としてもらえる場合もあります。銀行でも収入証明書の提出が必要になる事がありますが、消費者金融に比べると限度額のラインが大幅に変わります。

 

多くの銀行では希望借入限度額が300万円を超えると収入証明書の提出を求められますが、それ以下であれば本人確認書類だけで借入可能です。銀行は総量規制の適用がないので、配偶者に収入があれば個人の収入がない専業主婦でも融資を受けられますし、その額が小額なのであれば配偶者の許可等もいりません。

 

楽天銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などはそのように配偶者の同意なしでカードローンを利用できます。銀行によっては300万円以下で収入証明書が必要になる事もあり、三菱東京UFJ銀行のカードローンは100万円、みずほ銀行カードローンは200万円と、銀行によって差がありますので前もって確認しましょう。

 

個人事業主は収入証明が必須

基本的に本人確認書類のみで申し込みができる人がほとんどですが、個人事業主だけは希望額がいくらであっても必ず収入証明書を出さなければなりません。個人事業主の収入を証明するには確定申告書、税額証明書等の書類が必要になり、場合によっては過去数年分の確定申告書の用意をした方がいい事もありますので利用前に相談しておくと安心でしょう。

 

学生がキャッシングを利用したい場合

学生でもキャッシングを利用する事はできますが、普通の社会人同様に申し込みができるのは消費者金融です。消費者金融の場合、満20歳以上で正社員やアルバイトなどの雇用条件に関わらず収入が安定してある人ならば誰でも利用可能です。そのため必要になる書類も他の条件の人と同様に本人確認書類のみで大丈夫ですし、もし収入証明書の提出を求められて源泉徴収票がなくても、直近2カ月分の給与明細書が変わりになる場合もあります。

 

学生の場合は収入もアルバイトですから限度額は最低限の10万円となる事がほとんどではありますが、学生だからという理由で保護者等に確認や同意を求められるという事もなく、普通に利用する事ができます。銀行カードローンも学生が利用する事はできますが、限度額はやはり10万円、しかんも親権者の同意書が必要になる場合もあります。

 

準備さえ整えば後は簡単

必要書類の準備が整ったら、後は申し込みをするだけです。キャッシングの申し込み方法はいろいろとありますが、パソコンやスマートフォンが普及している今の時代、インターネットからの利用者が多くなっています。インターネットからなら24時間いつでも申し込みができて、書類に自分で記入する事もなく、必要事項を入力していけばいいだけなのでとても楽です。

 

また。本人確認書類や収入証明書などの提出物も、スマートフォンなどで撮った画像をパソコンでアップロードしたり、スマートフォン専用アプリで送信したりすればあっという間に提出完了となります。審査の回答は消費者金融や一部銀行は30分ぐらいで電話やメールにて連絡があり、提示された条件に同意できるのであればすぐ契約ができてしまいます。

 

平日の14時ぐらいまでに振り込み依頼が完了できるならば即日入金されますし、振り込み時間に間に合わなくても自動契約機へ行ってカードを受け取る事が可能ならばその日の内にキャッシングはできます。急ぎの場合は先に電話やインターネットで申し込みをして、審査の回答を聞いたらすぐに自動契約機へ行ってその後の手続きをしていけば、申し込みから融資までの時間をより短くする事ができるのおすすめです。

 

審査には最短30分と言われていますがこれには個人差があり、もっと時間がかかる事もあればその日には終わらないという事もあり得ます。勤務先への確認などに手間取ってしまったりするとそれだけ時間がかかってしまいますので、確認方法等でお願いしておきたい事等あれば申し込みの時点で相談しておくとより手続きがスムーズになるでしょう。

カードローン一覧比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日