キャッシングとそれ以外の融資方法

もしも、今月分の生活費が数万円分ほど足りない、というのであれば、キャッシングを利用することもやはり考えるべきです。

 

子供がいる場合や、葬式などが重なってしまった場合など、生活費が突然必要になるケースと言うのは意外とたくさんあります。きちんと貯金をしていると言う方もいますが、やはり昨今の不況からか、きちんと貯金できるだけのお金を稼ぐことは難しいようです。

 

消費者金融の方が銀行カードローンよりもお得

キャッシングをするのならば、絶対に銀行カードローン、と考えている方がいるかもしれませんが、生活費のためにお金を借りる、と言う場合には消費者金融の方がいいでしょう。例えばお金が足りないということが出費の直前に分かった時に銀行カードローンに申し込みをしても、すぐにお金を借りられるというケースはあまりありません。

 

銀行カードローンは原則低金利ですから、確かに利用する身としては今後の出費も抑えられるので、気持ち的にもお金的にも得をしているように思えます。けれども、急な出費の際に一番重要なのはお金をきちんと期日までに払うことです。低金利の銀行カードローンは、審査に時間がかかってしまいます。

 

例え、原則即日融資と謳っている銀行であっても、確実に即日融資を受けられる、ということはありません。審査に時間がかかることは当然ですし、審査に落ちる可能性も消費者金融と比べると高めです。確実性を考えるのならば、消費者金融でしょう。審査にも比較的通りやすいですし、少なくとも19時以内に申し込みを済ませていれば、その日のうちに審査も終わりますし、即日融資も可能です。

 

その上、金利自体も少額融資ならば銀行カードローンと大した差はありません。1万円を一か月借りたところで、金利の違いは30円程度です。10万円まで借りたとしても一か月あたり300円の違いですから、わざわざ銀行カードローンを利用して金利を低くしようとする必要はあまりないでしょう。

 

ですが、これらを利用する場合に注意しなければならないことは、今後の返済が必ず可能だと言うことです。特に急なことでお金が必要になる、という場合で、それ以外の月の生活費はきちんと安定していることがほぼ必須でしょう。逆に、常に生活費が足りていない、これ以上の節約のしようがない、というのであれば、消費者金融であろうが、銀行カードローンであろうが、金融機関でのキャッシングを利用することは止めておいた方がいいでしょう。

 

金融機関以外からお金を借りる方法

もちろん、お金が足りないのであれば働くことも大切です。既にパートタイマーで奥さんが働いているのであれば、少しだけシフトを増やしてもらったり、旦那さんが仕事の後に少しだけできる副業やアルバイト始めるなど、方法はいくらでもあります。けれども、健康状態が悪かったり、もう限界まで働いているのにお金が足りない、というのであれば、金融機関ではなく、国からお金を借りるという方法があります。

 

生活福祉金を利用する

生活福祉金は、その名の通り食費などの生活費が足りないほど窮乏している方ならば基本的に誰でも利用できる制度です。

 

特に、体を悪くしていて働けない、という方などのキャッシングを利用しなければ生きていけない、という方はぜひとも利用した方がいいでしょう。しかし、申し込みをしてから3週間かかってしまうので、できるだけ早めに申し込みをすることをオススメします。

 

母子家庭なら母子福祉金を利用できる

生活費が足りなくなる方のパターンとして、母子家庭やシングルマザーの家庭が、どれだけ働いても収入が十分に得られないために、お金が入用になるというケースがあります。そのような場合に利用できるのが母子福祉金です。これらに当てはまる場合ならば、生活費や住宅の借入費用、子供や自身の修学費用に結婚費用など、生活に関わることならば全般の費用を借りることが可能です。もちろん、利用用途は細かく設定されていますから、それ以外の利用方法はできませんが、お金を生活費の足しにできるのでかなりオススメです。

 

これらの制度はキャッシングと比べると不自由な点として、利用用途がしっかりと定められているという点が挙げられます。しかし、キャッシングなどを利用する場合は、何にでも利用できると思うとついつい無駄遣いをしてしまいがちです。特に困窮はストレス原因ともなりますから、それらを解消するためにお金を使ってしまい、借金地獄に陥るという方も少なくはありません。

 

けれども、しっかりと利用法を定めて、これだけにしか使わないと考えれば案外しっかりと自制できるものです。お金を使う上での責任も発生すると思えば、無駄遣いもできないでしょうから、これらを利用すると言うのは精神的にも生活的にも良い作用が働くことがありますので、金融機関からのキャッシングを利用するよりも、人や場合によってはいいこともありますので、ぜひとも利用することをオススメします。

 

悪質業者には注意!

お金に困っている時にはわらをもすがる気持ちになるものです。そんな場合にも悪質な業者にだけはお金を借りてはダメです。
→【悪質業者の被害にあわないために】悪質業者に負けるな、関わるな | 日本貸金業協会

カードローン一覧比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日