2、3万円程度を我慢しストレスを溜めるほうがよくない

生活を送る上で自分が思っている以上にかかってしまうのが、電気料金や水道料金であります。そして、これが極端に気温が高い地域や逆に気温が低い地域となると、電気料金等で生活が圧迫されるケースも少なくないようで、収入が多い人ならまだしも収入が少ないアルバイトのかたとなると、このような料金がかさみ、月に数万円足りなくこともあるとされています。

 

そういった事情から、電気料金等の支払いに充てる為にキャッシングをするというかたもいらっしゃるようで、私としては、正直あまり良くは思いませんが、それが短期間であるならば、そういった自転車操業的な繰り返しというのも悪くはないでしょう。

 

→少額キャッシングならまずはアコムがおすすめです!

 

ライフラインがなくなるのであれば、絶対にキャッシングをするべきである

ここで、最初に申し上げたいのは、私たちはお金を借りるということに関して、悪く思い過ぎだと思います。おそらく、金利が高いことからそう感じていると思われますが、お金を借りるとはいっても、2万円程度を1カ月間借りたとしても金利分はたったの300円程度であって、300円なら日常ですぐに使ってしまう金額だと感じているかたも多いはずです。

 

むしろ、すぐに300円を使っているかたの方が、キャッシングで300円を使っているかたよりも、無駄にお金を使っているケースが多いとも言われています。キャッシングはすることに越したことはありませんが、たとえしたとしても少ない金額であればその程度の金利だということをここでは言いたいのです。ですから、2万円程度をキャッシングすれば片付くような電気料金や水道料金であるなら、我慢して使用できなくなるよりも、キャッシングをしたほうが賢明だと言えるでしょう。

 

キャッシングを避けるよりは、それによるストレスのことを考えるべき

前述の通り、数万円程度のキャッシングなら金利分は殆どかからないのと同じであるので、そのお金のためにキャッシングを避けるより、それ以上に痛手となることがあるということを認識するほうが重要だと思われます。私たちはストレスが過剰に重なることによって、病気になりやすくなると言われており、なかには電気料金等の請求書を見ただけでもストレスを感じてしまうかたもいらっしゃるでしょう。

 

人はストレスを感じると、どんどんビタミンCが減っていくと言われています。こういったお話を聞いただけでもストレスに感じてしまうかたがいらっしゃるかもしれないので、この辺にしておきますが、ここではキャッシングに関することであまりストレスを溜め込まないでほしいということを言いたいのです。

 

科学の面からみてもストレスを溜めないことが大事だと言うのは実証されていますので、そのためにも300円程度のためにキャッシングを諦めるというのはやめましょう。そして、キャッシングをした後は、即座に仕事探しに専念し、キャッシングしたものをすべて返してしまうというのが理想と思われます。

 

あまり、長い時間考え込むようなことはせずに、ベストとなる方法を最短で見つけ出し、楽な気持ちで生活が送れるようになってください。電気料金等のためといったそれほど高くないキャッシングに関して、深く考え込む必要は全くありません。

 

フリーターだからといってキャッシングの審査で落とされることはない

キャッシングにあまり詳しくないと、フリーターだとキャッシングの審査で落とされやすいと考えているかたも中にはいらっしゃるでしょう。ですが、実際は全く逆でフリーターであっても、キャッシングの審査ではきちんと合格することができます。

 

フリーターよりも正社員、公務員のかたの方が審査では合格しやすいのは間違いありませんが、フリーターであっても自分でお金を稼いでいると言った点からキャッシング会社ではきちんと見てくれるのです。

 

アルバイトやフリーターにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

8時間労働のフリーターであれば、ほぼ審査で合格できる

これを読まれている方の中にも自炊しているかたはいらっしゃるかと思われますが、自炊をしているとなると、勤務形態はアルバイトやパートかもしれませんが、時間としては正社員と同じ8時間ぐらいの勤務であるケースも多いでしょう。こういった比較的収入が多くなるフリーターのかたであれば、審査ではほぼ合格できると思っていただいて間違いありません。

 

ちなみに、キャッシングできる金額としては、消費者金融の場合ですと総量規制により、1年間の収入が150万円であれば50万円以下のキャッシングができることになっています。ただ、特に初めてのキャッシングであれば、50万円となるケースは少なく、10万円から30万円ぐらいになることがほとんどです。

 

それでも、6カ月ぐらいの間きちんとキャッシングと返済を行っていれば50万円まで上がることも珍しくはないとされています。以上のことから、フリーターであっても、50万円をキャッシングするのは難しくはないことが分かり、2万円や3万円ぐらいなら、さらに簡単であると言えるでしょう。

 

5万円までであれば、レイクでは金利がかからない

5万円といった少ない金額のキャッシングを希望する場合は、新生銀行のカードローンであるレイクを利用されることを強く勧めたいです。それは、レイクでは5万円以下のキャッシングであれば、6カ月間金利がかからないといったサービスが行われているためであり、キャッシングをしたとしても5万円を6カ月以内で返済してしまえば全く金利はかかりません。

 

フリーターとはいえ、6カ月間という長い期間があれば生活の危機を脱出することは十分可能ですし、毎月返済が行えなかったとしても、最終月に全てを返してしまうという手もありです。

 

金利がかからない期間の分は二度と請求されることはない

上記ではレイクを取り上げましたが、レイクに限らずキャッシング会社で行われている金利がかからない期間の間に返済が終わらなくても、その期間の金利は二度と請求されることはないので誤解しないでください。ただ、金利がかからない期間が終わった次の日からの分は取られることになります。

 

アコムやプロミスで行なわれている1カ月金利がかからないサービスも魅力的である

レイクと似たサービスが行われているアコムやプロミスも魅力的なサービスを行っていて、これらの会社では1カ月であれば金利がかからないといったサービスが存在します。これらの会社でも1カ月間で返済が行えなかった時のルールはレイクと変わりありません。

 

これまでのことから、キャッシング自体最初はあまりよく思っていなかったかたも、実際は悪いことなど何一つないということがお分かりになったかと思われます。今回は電気料金、水道料金等を例に挙げましたが、そのような料金でなくても生活を送っていく上で危機的状況に直面したなら、あまり深く考え込むようなことはせずに、早期にキャッシングを行い、早期に全て返済していくようにしてください。

カードローン一覧比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日