専業主婦か兼業主婦かで利用方法は違う

主婦の人がキャッシングをする場合、仕事をしているかしていないかでかなり方法が違います。キャッシングはあくまでも個人の契約なので、夫に知られないように借入をする事ももちろんできます。

 

主婦の利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

 

専業主婦も夫の同意なしで借りられる

専業主婦がキャッシングをできるのは、銀行のみとなっています。消費者金融などの貸金業者と銀行では業態が違いますし、適用されている法律も違います。専業主婦がキャッシングを申し込むのに必要になる書類は、本人確認書類と婚姻関係を証明する書類で主に住民票が利用されます。

 

必ず自分に収入がないと融資ができないのが消費者金融ですが、銀行の場合は配偶者に収入があれば融資をする事ができます。しかも夫の同意書や収入証明書もなしで借りる事も可能です。主な銀行としては、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、東京スター銀行、イオン銀行、楽天銀行などは専業主婦本人の身分証明証があればキャッシングを利用する事ができます。

 

これらの銀行の口座をすでに持っているという場合はさらに話が早くなるので、審査から融資実行までの時間をかなり短縮する事ができますし、場合によっては即日融資も可能になってきます。特に三菱東京UFJ銀行のバンクイックはテレビのコマーシャルでも積極的に宣伝していますが、消費者金融並みの早さで対応していて即日審査から融資までができますし、自動契約機も銀行に設置されているので窓口で契約手続きをしなくても大丈夫ですし、インターネットや電話からの申し込みももちろん可能です。

 

三菱東京UFJ銀行の口座がなくても同じように即対応可能で、銀行カードローンの中ではとても利用しやすい方でしょう。楽天銀行スーパーローンは、口座を持っていないと融資実行までに時間がかかります。インターネット専用の銀行なので窓口がなく、口座を開設するまでには数日の時間がかかってしまうので、即日融資を受けたいという場合には注意が必要です。

 

ただ、楽天銀行の場合は配偶者の同意書だけでなく、婚姻関係を証明するための住民票の提出もいらないので、単純に本人確認書類のみで申し込みができてしまうという点ではとても楽に手続きができてしまいます。専業主婦のキャッシングは、夫の同意も収入証明もいりませんが、限度額は最低限度になります。

 

多くの銀行が30万円程度となっていますが、イオン銀行や楽天銀行は50万円までの融資が可能になっていたりと、銀行によって設定されている限度額には差があります。特に即日審査、スピード融資の場合には限度額は低めになる事があります。専業主婦の借入は50万円が限度で、それ以上のお金を夫の同意なしで借りる事はまずできません。たとえ夫の収入証明書を用意したとしてもその限度額を上げる事は難しいでしょう。

 

もしも利用当初に10万円の限度額だったものをさらに引き上げるという事は可能ですが、そのためにはきちんと毎月返済して良い利用実績を積み重ねていって、再度審査に通過すればさらに限度額を上げるという事はできるでしょう。クレジットカードは専業主婦でも作れますし、キャッシング枠もついているのでそちらの利用も可能ですが、限度額は低くなる場合がほとんどです。

 

仕事をしている主婦のキャッシング

専業主婦が消費者金融で借りられないのにはきちんとした理由があります。消費者金融は貸金業法にのっとって営業していますが、その法律の中に総量規制というものがあります。これは年収の3分の1までなら融資してもいいという法律です。

 

つまり、収入があるという事がまず大前提になっているという事です。ですからいくら夫に収入があっても、契約者本人に収入がなければお金を貸す事が法律上できないというわけなのです。消費者金融のホームページを見ると、簡易審査というものができるようになっていますが、収入がないという人はその時点で融資は不可能ですという回答になります。

 

でも、パートやアルバイト収入でもいいので少しでも収入があるという事であれば、融資は可能という回答になるでしょう。消費者金融は満20歳以上69歳未満で安定収入があれば、パートの主婦やアルバイトの学生、年金収入に加えて別の収入がある高齢者など、様々な人が利用可能です。

 

夫の扶養内でパートをしている主婦だと、年収には限界がありますのでそれほど多くの収入がありません。そのような場合でも限度額は低くなりますが、収入証明書などの提出も必要なく、本人確認と在籍確認さえ取れれば比較的審査には通りやすくなっています。

 

審査通過に重要な点では、信用情報の内容がどうなっているかという事です。個人の信用情報にはそれまでの借金の履歴が記録されていて、過去数年分を見る事ができます。一度でも金融事故を起こしてしまっていると、その記録が残っている状態ではどこで審査を申し込んでも落ちてしまうでしょう。これに関してはパート主婦であれ専業主婦であれ同じ事で、過去の本人名義の借金に関しては必ず照会される事になります。

カードローン一覧比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日